SERVICE

WEBシステム開発 > WordPress + 多言語

WordPress + 多言語

WordPress + 多言語

WordPress多言語化プラグイン「WPML」を使用して、多言語サイト製作にも対応できます。

WordPress多言語化プラグイン「WPML」は多言語サイトの構築と運営を容易にします。
企業サイトに対応する力を備えている一方でシンプルなブログにも対応しています。

WPMLを使えば、投稿された内容を他言語ページにも転記でき、翻訳文の掲載が非常にスムーズになります。
またページだけでなく、カテゴリやタグまでも多言語対応できます。

例えば研究論文であったり、製品・商品のカテゴリも多言語に対応できますので
より詳細、精密な翻訳が適用でき、国内だけでなく諸外国へ向けたアピールが可能になります。

WordPress多言語化プラグイン「WPML」は多言語サイトの構築と運営を容易にします。

平成から令和と移り変わり、外国人観光客だけでなく日本で働く外国人の方も増えています。
しかし、日本人の多くは日本語を話せません。反対に、日本語で会話できる外国人の方も多くはありません。
さらに日本語は世界でもほぼ日本でのみ使われている言語であり、外国の方にとって馴染みの薄い文字ですので、もし話すことが出来ても読み書きとなるとさらに難易度が上がります。
そしてこの先、日本に訪れる外国人の増加がさらに見込まれています。あらゆる分野で多言語対策が必要になり、それはインターネットサイトでも避けては通れません。

しかしWordPressは標準で多言語サイトに対応しておりません。

多言語対応とは…
「多言語化」といっても様々な方法があります。そのため、自社のWordPressサイトを多言語に対応させるにあたり、いくつかのプロセスを踏んでいく必要があります。
まずは「どの言語に対応させるのか」「いくつの言語に対応させるのか」を考えなければなりません。必要以上の言語に対応させてしまうと、対応する言語の分だけコストがかかるため、管理・維持が大変になります。また、初期コストだけでなく更新やメンテナンスコストも考える必要があります。

自社サイトをどういった層に向けて製作するのか。もともとサイトをお持ちでしたら、Googleアナリティクスなどのアクセス解析サービスを利用することで、アクセスのある国や言語を明確にできます。特にアクセスの多い国や言語があれば、その層にニーズがある可能性が高いです。そういった分析を行った上で、サイトの多言語化を検討しましょう。

また投稿する情報、いわゆるコンテンツについても分析が必要です。例えば製品の機能であれば各言語に翻訳すればそのまま使用できます。しかし製品の価格は国ごとに通貨や税金が違うため、コンテンツの修正が必要になります。また製品に対するお問い合わせ先が変更になる場合は、翻訳ではなく新しいコンテンツを作成する必要があります。

なお、「多言語化すればすべて自動で各言語になる」というわけではありません。各投稿は手動で翻訳・投稿する必要がありますし、WordPressの設定は言語ごとに切り替える必要があります。いかにWordPressの投稿画面や設定の多言語化を効率的に行うか、さらに以後の管理も楽に行えるか、という事が重要です。

WordPressの多言語化方法
1.多言語対応のWordPressプラグインを使用する
2.言語ごとにWordPressをコピーする
3.WordPressのマルチサイト機能を利用する

1.多言語対応のWordPressプラグインを使用する
WordPressには標準の機能にプラスして、機能が追加できるプラグインというものがあります。その中でも多言語化プラグインを使用し、WordPressの多言語化を行います。

2.言語ごとにWordPressをコピーする
完成させたサイトを各言語に置き換え、複製する方法です。
ただしこの方法では一箇所の修正を各言語すべてに対して行う必要があります。言語が増えるほど、修正にかかるコストは倍々になっていきます。それ故、現実的にメンテナンスを続けていくことが困難になります。

3.WordPressのマルチサイト機能を利用する
マルチサイト機能とは、1つのWordPressのインストールで複数のサイトを管理出来る機能です。これも2.ほどではありませんが、比較的メンテナンスが複雑になる可能性があります。

そこで当社ではWordPress多言語化プラグイン「WPML」を使用し、より効率的に素早く、比較的安価にて多言語サイトを製作しております。

WPML